【マンション売却価格の推移傾向分析②】~江東区・墨田区の不動産売却~

query_builder 2022/11/04
マンション戸建て
AdobeStock_277577979 (1)

前回から引き続き、マンションの売却についての価格推移についてお話しさせていただきます。



今回は各築年階段の特徴となります。

【築5年頃まで】

新築〜築浅という分類となります。 この時期に売却されるケースは少なく、新しく綺麗なため売却はしやすくなります。 未入居の新築とは状態が大きく扱いが異なるため、価格の下落が納得できない人も多いかもしれません。


【築10年前後】

築10年前後でまだ古くなった感はありませんが、価格自体が新築に比べると大幅に安くなるため、人気が高くなっております。建物構造の寿命やローンの組みやすさなどを考えると非常にバランスが取れた築年数と考えられています。


【築15年前後】

築15年前後のマンションは、設備面では築10年前後のマンションと大差ありません。 修繕工事等を実施した


【築20年〜】

20年以降になると価格も下落する可能性が高くなります。 ですが建物構造の寿命やローンの組みやすさなどを考慮すと大変バランスの取れた築年数となります。


【築30年〜】

鉄筋コンクリート造のマンションの耐久年数は47年のため、築30年のマンションはまだ十分に稼働できます。大規模修繕などメンテナンスがしっかり行われ、管理態勢が整っていれば売却は可能なことです。 注意が必要なのは、30年住み続けると見た目も設備の機能も劣化します。 リフォーム・リノベーションをする必要があります。


【下落率が少ないマンション】

■ほどよく駅近マンション 総じて、適度な駅近(5〜7分程度)はマンションが下がりにくい傾向にあります。

■ブランドマンション 大手が分譲しているブランドマンションは、その信頼性から売却価格が落ちにくい傾向にあります。




対象エリア:東京23区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)不動産売却、売却物件、売却、マンション、戸建て、相続、離婚、任意売却、住み替え、無料査定、仲介手数料 【江東区の不動産売却は株式会社Hudousun】

----------------------------------------------------------------------

株式会社Hudousun ~地域密着で経験豊富なスタッフが様々な売却に対応しております~

住所:東京都墨田区江東橋4-26-9VORT錦糸町駅前4F

電話番号:03-6823-0940

----------------------------------------------------------------------